注文住宅の買い時とは

注文住宅は住む人のライフスタイルに合わせてカスタマイズできることがなによりの魅力です。

職場や学校などから帰宅し、できるだけ家族が心地よくリラックスして過ごすことができるかや、家事のしやすい動線を考慮するだけでなく、インテリアや外観にこだわりを持つなど、注文住宅にかける思いはひとそれぞれです。
自分の暮らしにフィットした住まいで生活したいという思いは誰しも持っていますが、注文住宅の購入は一生に一度という場合が多く、その購入時期は簡単に決められるものではないでしょう。

日本経済新聞を情報を幅広くご活用下さい。

家族構成や年齢、通勤や通学、買い物など生活に便利な土地を購入するかどうかなどについても考え方はそれぞれに違います。


たとえば新婚の夫婦が注文住宅を購入する場合は、その時だけでなくこの先家族が増えることを想定した土地選びも考慮する必要があります。



小さな子供を育てることに適した環境であるかどうかや、育児をする上では床や壁など内装に傷や汚れが目立つことも覚悟が必要です。



また一般的に一戸建ての住宅は10年~20年に一度ボイラー設備や外装など、何かしらのリフォームや交換が必要になるため、家族の節目と重なり多くの出費となる可能性についても予め確認しておくことが大切です。


住む人にとって何が最優先で、こだわりを持ちたいのかについては建物そのものだけでなく住宅購入の時期についても同様に大切です。住宅の購入は金利の低下や消費税の増税前などに安易に振り回されない判断が重要だと言えるでしょう。

Copyright (C) 2016 注文住宅の買い時とは All Rights Reserved.